TOPICS

  • 横浜美術大学学生の入賞作品が製品化「ラグデザインアイディアコンペティション2016」

    2017/05/08
    ラグデザインアイディアコンペティション2016

    横浜美術大学の学生がデザインしたラグ4作品が商品化されることとなり、4/17(月)に横浜美術大学本館で、報告会が開催された。

    商品化されるのは、大一商事と横浜美術大学とのコラボレーション企画「ラグデザインアイディアコンペティション2016」に入賞した4作品。「じぶんの部屋で使いたい!」「こういうラグがあったらいいな。」をテーマとして学生からデザインを募集し、40件の応募作品の中から選ばれたもの。受賞者は企業の企画会議にも参加し、作品を製品化するまでの試行錯誤など「生きた授業」を体験できたという。

    大一商事では、将来的に「アニバーサリーコレクション」として展開することも視野に入れ、今後も同コンペを継続していく予定だ。

    ■受賞作品
    ・優秀賞「ウロコねこ」
     テキスタイルデザインコース2年 相澤芙希
    ・優秀賞「床上迷彩」
     テキスタイルデザインコース4年 石井晶二
    ・審査委員賞「はならぐ」
     ビジュアルコミュニケーションデザインコース3年 桶作百穂
    ・特別賞 「ダイアモンドラグ」
     プロダクトデザインコース3年 傅嘉巍

    横浜美術大学 広報係

    横浜市青葉区鴨志田町1204
    電話:045-963-4066
    ●横浜美術大学ホームページ http://www.yokohama-art.ac.jp/
    ●大一商事株式会社ホームページ http://www.greone.co.jp/