TOPICS

  • 日本オペラ振興会、2023年度シーズンラインアップを発表

    2022/11/22

       日本オペラ振興会が11/15(火)、東京オペラシティで「2023/24年度公演ラインアップ記者発表会」を行った。記者発表会には渡辺佳英氏(日本オペラ振興会理事長)、折江忠道氏(藤原歌劇団総監督)、郡愛子氏(日本オペラ協会総監督)、吉田雄生氏(脚本家)、砂川涼子氏(ソプラノ歌手)、須藤慎吾氏(バリトン歌手)が出席した。
       
       2023年度シーズンに予定されている5演目のうち、川崎市麻生区にある「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」で開催される演目は2つ。一つは2023年4/22(土)・23(日)開催の藤原歌劇団公演「劇場のわがままな歌手たち」。渡辺氏はこの演目の選択理由について、「オペラファン以外のお客様にも楽しんでいただけるオペラを選びました。新しいファンを獲得できたら」とコメントした。
       もう一つは、日本オペラ史上最高傑作と名高い「夕鶴」。つう役を演じる砂川氏は、「いつか歌いたいと憧れていた役なのでうれしい。自分にとって大切な役になっていくと思います」と意欲を示した。詳細は日本オペラ振興会HPで。


      【日本オペラ振興会 2023年度シーズンラインアップ】
      2023年4/22(土)・23(日)
      藤原歌劇団公演
      G.ドニゼッティ作曲「劇場のわがままな歌手たち」オペラ全1幕
      ニュープロダクション(新制作)
      会場:テアトロ・ジーリオ・ショウワ

      2023年7/1(土)・2(日)
      日本オペラ協会公演 日本オペラシリーズNo.85
      木下順二 作/團伊玖磨 作曲
      「夕鶴」オペラ全1幕
      会場:テアトロ・ジーリオ・ショウワ

      2023年9/9(土)・10(日)
      藤原歌劇団公演(共催:新国立劇場・東京二期会)
      G.ヴェルディ作曲「二人のフォスカリ」オペラ全3幕
      ニュープロダクション(新制作)
      会場:新国立劇場オペラパレス

      2024年1/27(土)・28(日)、2/3(土)
      藤原歌劇団公演
      C.グノー作曲「ファウスト」オペラ全5幕
      ニュープロダクション(新制作)
      会場:東京上野(1/27・28)、日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(2/3)

      2024年2/10(土)・11(日)・12(祝)
      日本オペラ協会公演 日本オペラシリーズNo.86
      倉本聰 原作/渡辺俊幸 作曲/吉田雄生 オペラ脚本
      「 ニングル 」
      新作初演・ニュープロダクション(新制作)
      会場:めぐろパーシモンホール

      公益財団法人日本オペラ振興会(藤原歌劇団・日本オペラ協会)

      https://www.jof.or.jp/