連載メニュー

藤田優一君の街角ワンショット

    藤田優一君の街角ワンショット

    FMヨコハマの街角リポーター、藤田優一さん連載の新百合ヶ丘周辺散策レポート。

    vol.67 のんびりお散歩 美しが丘から富士山を!

    2019/09/10

    • ヒマラヤスギが見守る美しが丘公園。

       


    • カラフルな遊具は子どもたちのお気に入り。

       

      夏の間は涼しい秋を待ち遠しく思うのに、いざ秋が深まると夏の陽射しが恋しくなる。毎年ワガママな気持ちになる藤田です(笑)。もちろん!秋は秋で楽しい事がいっぱいなんですけれど。
     さて今回は横浜市青葉区のたまプラーザエリアからノンビリお散歩でもどうですか?という話題を。
     東急田園都市線のたまプラーザ駅から商店街を抜けると、名前も素敵な「美しが丘公園」があります。ここは街の中の人気スポット。複合遊具はもちろん、雨の日でもお子さんが楽しめる遊び場「こどもログハウス」も備えた公園なんですよ。ちなみにワタクシの美しが丘公園の思い出は、ラジオで物々交換リポートを行ったり、クリスマスツリーのオーナメントを持って来て!という企画でリスナーの皆さんに集まってもらったことです。
     公園には、立派なヒマラヤスギの樹が2本あります。寄り添うように2本並んでいるので夫婦のヒマラヤスギと呼ぶ方もいるんだとか。たしかに背の高い方とちょっと低めの方とが並んで夫婦のよう。開園以来、40年以上、この公園を見守り続けている樹でもあるんだそうです。
     高さは25メートル程あり、離れて見ると枝ぶりが三角形。近年では冬になるとイルミネーションが施され、クリスマスツリーの役割も担うんだとか。少し離れた場所の東屋から眺めるのもオススメですよ。
     続いては住宅街へ!美しが丘公園から美しが丘小学校の高台へ向かうとオシャレな住宅街の中に富士山が見えるポイントがあるんです。たまプラーザエリアは、丘陵地帯でアップダウンがある街なのでぜひその高台へ。公園から息を切らしつつもカーブの続く坂道を歩き、美しが丘小学校方面へ。その先の階段の一番上が富士見ポイント!と言っても、見えるのは山頂付近のみですが、山の美しさは格別ですよね。気温が下がるに連れ、空気が澄んで見えるチャンスも多くなる季節。美しが丘で秋風に誘われつつ、美しい富士山ポイントを探してみるというのもオススメですよ!

     

    文・写真 街角リポーター 藤田優一
    1年365日行脚(あんぎゃ)している、はぁ〜いフジタでェ〜す!!地元神奈川のことならなんでもお任せ!明るく元気なのが一番の取り柄です。街で見かけたら是非声をかけてくださいね〜♪