連載メニュー

藤田優一君の街角ワンショット

    藤田優一君の街角ワンショット

    FMヨコハマの街角リポーター、藤田優一さん連載の新百合ヶ丘周辺散策レポート。

    vol.70 麻生区岡上が「ワイン特区」になるかも!

    2020/03/13

    • 鶴川街道沿いにある岡上神社。

       


    •  

      皆さんこんにちは!今回の出だしで「寒かった冬」と書こうとして悩んだフジタです。なぜかというと、今年の冬は暖冬だったので、リポートに行くときでも携帯カイロの使用回数は少なかったし、寒い日があっても続かなく、すぐに暖かくなったので「寒かった冬」という文言は使えないなーと悩んだ訳です。そんな冬も終わり、いよいよ春がやってきました。
     さて、今回は「麻生区岡上」の飛び地の話題をお届け。岡上エリアは小田急線の鶴川駅から鶴見川を越えた所にある地区。鶴川駅は町田市にあり、岡上は町田市と横浜市青葉区に囲まれているんです。小田急線の上り方面の隣駅は柿生駅だからと地図を調べても麻生区とは隣接していない!でも行政区としては麻生区なので間違いなく飛び地なのです。ちなみにネット地図で検索しても岡上だけ囲まれて表示されるので、飛び地という事がよく分かりますよ。
     それにしてもなんで岡上は飛び地になっているのか?それは昔、多摩郡や都筑郡とは交流をあまりせず、柿生村と仲がよかったからという事なんだそうです。柿生村とは「禅寺丸柿」などの柿栽培を通して繋がりがあり交流が深かったそうで、合併話があった時にも横浜市や町田市とは合併せず、縁のある柿生村がある川崎市に入る!とした事から飛び地になったという経緯なんだそうです。それ以降、変わることなく今でも飛び地としてある地区なんですよ。
     そんな岡上地区は現在、住宅と畑などが残るエリアになっているんですが、その畑ではなんと!ワイン造りのためのぶどう畑があり、「岡上ワイン」というものも作られているんです。ご存じでしたか?しかも近々、岡上が「ワイン特区」になる予定なんですよ!その地元のワイン造りをしている方が申請を出していて、この誌面が出る頃には決定の便りが届くそうです!楽しみ~!
     飛び地としての道を選んだ岡上でワイン造りが行われ、そのワインで有名になる日も近いかもしれません。お散歩がてら訪ねてみたらいかがですか?

     

    文・写真 街角リポーター 藤田優一
    1年365日行脚(あんぎゃ)している、はぁ〜いフジタでェ〜す!!地元神奈川のことならなんでもお任せ!明るく元気なのが一番の取り柄です。街で見かけたら是非声をかけてくださいね〜♪