連載メニュー

かんたんレシピ

    かんたんレシピ

    旬の素材を使った、すぐに活用できる簡単料理。栄養面や由来などの豆知識も。

    麻婆豆腐丼 温泉卵添

    2017/05/27

    豆板醤の辛みを温泉卵でまろやかに

    材料(3~4人分)

    ご飯 3~4人分
    木綿豆腐 1丁(350~400g)
    豚ひき肉 200g
    にんにく 1/2片(みじん切り)
    生姜 1片(みじん切り)
    長ねぎ 1/2本(みじん切り)
    豆板醤 小さじ1.5~2
    合わせ調味料
     ・甜麺醤  大さじ1
     ・中華スープ 200ml(顆粒を水で溶かして)
     ・酒、しょうゆ 各大さじ1.5
    水溶き片栗粉 片栗粉 大さじ1、水 大さじ2
    サラダ油 大さじ2
    胡麻油 大さじ1
    温泉卵(市販) 人数分

    作り方

    • 木綿豆腐を約2cm角に切る。鍋にたっぷりの湯を沸かし、豆腐を入れて1~2分間ゆで、ザルで水気を切る。
    • フライパンを中火にかけてサラダ油を熱し、にんにく、生姜、長ねぎを炒める。香りがたってきたら、豆板醤を加える。火を弱めて香りを引き出しながら、じっくり炒める。
    • ひき肉を加え、中火で肉がポロポロになるまでよく炒めたら、合わせ調味料を加える。
    • ひと煮立ちしたら豆腐を加えて、お玉をゆっくり動かしながら混ぜ、再度沸騰するまで煮る。
    • 火を一度消して、水溶き片栗粉をよく混ぜながら加える。再度点火して、とろみと艶が出るまで混ぜる。最後に胡麻油を加えて火を止め、ご飯に盛りつける。
    豆知識

    豆板醤はよく炒めることで、辛みだけでなく旨みも引き出すことができます。焦げないように、弱火でじっくり炒めることがポイントです。豆腐は湯通しして水切りをすることで、豆腐に含まれる臭みが取り除かれ、煮崩れを防ぐことができます。このひと手間が、仕上がりに大きな差をつけてくれるので、ぜひ実行しましょう。

    (ミスモ2017年6月号掲載)

    島田朋子(しまだ ともこ)

    保育士より転身し調理師資格取得。子どもの食育講座をはじめとして、幅広い年齢層へ「食」の大切さ楽しさを伝える。ミスモ03年1月号から「かんたんレシピ・デザート編」をスタートし、05年1月号からサラダ編、06年1月号からスープ編、08年1月号からワンプレート編、09年1月から酒肴編を連載中。