連載メニュー

かんたんレシピ

    かんたんレシピ

    旬の素材を使った、すぐに活用できる簡単料理。栄養面や由来などの豆知識も。

    鮭の親子丼

    2017/09/23

    彩り美しくおもてなし料理にも

    材料(2〜3人分)

    2合
    鮭切り身(甘塩) 2切
    調味料
     ・だし汁 360ml
     ・しょうゆ 大さじ1.5
     ・酒 大さじ2
     ・塩 鮭の塩分によって適宜
    イクラ 大さじ2~3
    三ツ葉 5本
    白ゴマ 大さじ1
    バター(好みで) 大さじ1

    作り方

    • 米をといでザルに上げ、30分間おく。
    • 鮭を香ばしく焼き、皮と骨を丁寧に除いてほぐす。
    • 炊飯器に①と調味料を入れ、炊飯する。
    • 白ゴマは、フライパンで炒って、香りが出る程度に軽くすりつぶしておく。三ツ葉は2cm長さに切る。
    • 炊き上がりすぐにふたを開けて、ほぐした鮭を載せ、再びふたをして5分間蒸らす。
    • 三ツ葉(2/3量)と白ゴマ、好みでバターを加えて、全体を混ぜる。
    • 器に盛り、イクラと残りの三ツ葉を載せる。
    豆知識

    鮭はたんぱく質、ビタミン類、ミネラル、血中コレステロールを抑制する不飽和脂肪酸ほか多くの栄養素を含み、幅広い世代に食べてもらいたい魚の一つ。中でもビタミンDが多く、カルシウムの吸収を助ける働きがあり、子どもの成長、女性・高齢者の骨粗しょう症予防が期待できます。日本では9月~11月頃に旬を迎えるので、積極的に取り入れてみましょう。香ばしく焼いた鮭としょうゆ味のご飯は相性ぴったり。絶妙の仕上がりになります。青みは三ツ葉のほかに、季節に応じて青ネギ、スダチ、シソなどを選ぶとよいでしょう。

    (ミスモ2017年10月号掲載)

    島田朋子(しまだ ともこ)

    保育士より転身し調理師資格取得。子どもの食育講座をはじめとして、幅広い年齢層へ「食」の大切さ楽しさを伝える。ミスモ03年1月号から「かんたんレシピ・デザート編」をスタートし、05年1月号からサラダ編、06年1月号からスープ編、08年1月号からワンプレート編、09年1月から酒肴編を連載中。